« 乳清たんぱくIgGが過敏性腸症候群(IBS)を救う | トップページ | 免疫ミルク »

2007年8月 7日 (火)

なぜ体にいいのか

乳清タンパク@サプリメント百科

⇒なぜ体にいいのか
 乳清とは、牛乳からチーズを作るときに生まれる成分、すなわちチーズの搾り汁である。牛乳には約3.3%のタンパク質が含まれるが、そのタンパク質は二つに大別される。そのうちのひとつがカゼインというタンパク質で約80%を占め、チーズとして固まるタンパク質である。チーズの搾り汁(乳清)には固まらないタンパク質が含まれ、これが残りの20%を占める乳清タンパクと呼ばれるもので、ラクトグロブリン、ラクトアルブミン、ラクトフェリンが主な構成成分である。母乳は牛乳とのタンパク質の構成が異なり、乳清タンパクが主でカゼインはごく少量しか含まれていない。
 乳清タンパクの主な効用として免疫機能の強化があり、サルモネラ菌や肺炎レンサ球菌などの感染症に対して優れた予防効果のあることがわかっている。
 また、すべての細胞中に存在するグルタチオンという抗酸化物質を増加させる作用がある。グルタチオンは、活性酸素(フリーラジカル)の攻撃から体を守ってくれることに加えて、体内の免疫システムを活発化させる働きをもっている。加齢によってグルタチオンは減少し、病気にかかりやすくなるが、特にアルツハイマー病患者のグルタチオン値を調べると、低いレベルになっていることが知られている。そこで、グルタチオンを増加させることが、アルツハイマー病予防につながると考えられている。
 しかし、グルタチオンは食品として摂取しても、胃や腸からの吸収が悪い。そこで体内でグルタチオンを増やすことが早道だということで、代替医療の分野で乳清タンパクに注目が集まっているのである。アメリカで行われた実験によると、乳清タンパクは生命体の寿命を延ばす働きも確認されている。今後、サプリメントとしても大いに期待される分野であろう。

⇒摂取方法について
 乳清は「ホエイ」と呼ばれ、近頃、ボディビルダーやスポーツ選手に人気のサプリメントとなっている。
 また、乳清タンパクと並び注目を集めるサプリメントに「免疫ミルク」がある。この免疫ミルクは成分的には牛乳と同様、タンパク質、乳糖、ビタミンやカルシウムなどを含み、人が感染しやすい細菌を無害化する抗体成分や、抗炎症の因子などの機能性成分を含んでいる。

Sponsored Link

|

« 乳清たんぱくIgGが過敏性腸症候群(IBS)を救う | トップページ | 免疫ミルク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ体にいいのか:

« 乳清たんぱくIgGが過敏性腸症候群(IBS)を救う | トップページ | 免疫ミルク »